岡崎市上地 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科 上地整形外科クリニック
ネット予約はこちら電話予約はこちら
診療案内診療予約整形・リハビリリウマチ施設・設備アクセスマップリンク
トップページへ

整形外科

整形外科は「長く通わなくてはいけない・・・」 「劇的な治療効果を感じない・・・」そう感じてはいませんか? 当クリニックでは専門医の院長をはじめ、各スタッフとも「患者さんと一緒に治療を考えること」をモットーに日々の診療に取り組んでいます。 何度も通院するのではなく、毎回の結果・評価に応じた適正な治療で通院回数を減らす工夫を行っております。
日常やスポーツ時の骨折・脱臼・捻挫などの外傷、首・肩・腰の痛みやこり、膝関節・腕関節・脊椎の痛み、手足のしびれ等々。
骨粗鬆症、腰痛症、椎間板ヘルニア、変形性関節症、五十肩、テニス肘、腱鞘炎、他。

一般整形外科診療全般を行っております。

●「骨粗鬆症」について
ずいぶんと知名度が上がった「骨粗鬆症」ですが、実際にご自身の「骨の状態(密度)」を測定したことがある方は、まだまだ少ないようです。
骨粗鬆症は多くの原因が複雑に関係して発症する病気なので、原因をひとつだけに決めることは出来ません。加齢によって骨芽細胞(骨をつくる細胞)の働きが弱くなったり、女性の場合は閉経により女性ホルモンが急激に低下することで、破骨細胞(骨を壊す細胞)の働きに骨芽細胞の働きが追いつかなくなることも原因となります。
当クリニックでは骨粗鬆症の目安となる「骨量測定」を行っています。DIP法と呼ばれる検査方法で、中手骨(手の骨)をX線で撮影します。もちろん痛くありませんし、手のみの撮影ですので被爆量も少なくて済みます。
定期的に「骨密度」を計測し、自分の骨の強さを十分に認識することから骨粗鬆症の予防は始まります。将来骨折を繰り返したり、腰が曲がったりすることなく生活できる準備を整えておきましょう。

●「陥入爪」の治療 (保険適用)
爪の一部が皮膚に食い込んで痛みを伴う「陥入爪」や「巻き爪」の治療を行っています。
当院ではワイヤ等の治療器具を装着する自費治療ではなく、手術療法(保険適用)を行います。

手術は局所麻酔で行い、15分程度で終了します。皮膚に食い込んだり、巻いてしまったりしている爪を根元の爪を作る部分(爪母)から切除する方法で、変形や再発の少ない治療法です。

陥入爪や巻き爪は
・爪を短く切りすぎる
・きつい靴をはく
・足の指を強く踏ん張る運動(柔道・相撲等)  が原因になることが多くあります。
日頃の生活習慣を改善することも必要です。

●「ばね指」の治療
親指や中指、薬指によく表れる症状で、「指がまがりにくい」、「ひっかかり感がある」ものを「ばね指」といいます。多くの場合は痛みはありません。指におこる腱鞘炎のようなもので、指の筋肉が肥大してしまうことが原因です。
手をよく使う職業の女性に圧倒的に多くみられます。また2歳前後の乳幼児の親指にもみられますが、小児の場合は自然治癒することも多くあります。
治療は肥大化している筋肉部分への局所注射を数回行います。それで改善がみられない場合は手術を行いますが、局所麻酔で行う手術で15分程度で終了します。
指に違和感がある、何だか曲げにくい、という症状がある場合は一度ご相談ください。

当院には約100uのリハビリ室があり、除痛・疼痛緩和について様々な療法をご提供しております。
患者様おひとりお一人の症状・状態に最も合わせた治療法を選択します。 リハビリ室
1.ウォーターベッド(水圧式マッサージ器)

水に癒される感覚・・・
水圧刺激で全身をマッサージするアクアラックスは、身体の痛みだけでなく、こころの疲れもやさしくほぐしてくれます。
皆さんに大人気の診療機器です。


2.SSP療法

「刺さない針治療」と呼ばれ、特殊な円椎形状の金属電極を用いた体表面刺激療法です。「肩こり」「腰痛」「ひざの痛み」に最適です。
この機種は中日ドラゴンズ、ジュビロ磐田等、各種スポーツ界のリハビリトレーナーも使用しています。


3.干渉波療法

2つの異なる中周波を生体表面上で交差させ、低周波を発生させます。 それにより身体の深部への治療に効果があります。


4.牽引療法

理学療法において、欠かすことのできない牽引療法。 ホットバックを内臓した最新モデルです。頚椎や腰椎の治療に用います。


5.ドクターメドマー(空圧マッサージ治療器)

空気の力で脚全体を揉みほぐすため、局部的な痛みや電気的な刺激がなく、快適な治療を行えます。


プライバシー&ポリシー
Copyright (C) uejiseikei.com All rights reserved.